ダウンのクリーニング料金相場ってどのくらいなの?

画像

今年の冬は寒いですね〜。関東では昨年11月に観測史上まれにみる、なんと半世紀ぶりに11月の降雪を記録いたしました。その後も毎日寒くて寒くてダウンジャケットが手放せません!

 

なんといってもダウンはなによりも暖かく、冬の時期、寒ければ寒いほど大活躍のこのダウンですが、だからこそ、気がついたら毎日ダウンをきてました!!なんてことに成りがちなのではないでしょうか?

 

そんな大活躍のダウンですから、毎日毎日来ていると実は結構すぐに汚れてしまうんです。

 

それでもダウンって自宅で洗える気がしませんでしょうし、だからと言って、ダウンのクリーニングってものすごく高いってイメージがありますよね?それでなかなか出せずにいると不潔なにおいがしてきたり、ましてやクリーニングせずシーズンを越してしまうと、来シーズンにはカビが生えていてもう着れない!!なんてこともありえます。

 

みなさんダウンが他の衣類とちょっと違うという印象や、費用も高いかも?という気がするのか、クリーニング屋さんのお店でも、「ダウン素材のクリーニング費用はいくらか」の質問は非常に多いとのことです。

 

その印象は正解で、間違いなく一般の衣料と比べますと、ダウンのクリーニング代は高いです。

 

さらに忘れてはいけないのが、どのお店でも同じ値段と言うことではなく、結構お店によって価格設定にばらつきがあるのです。また、同じお店の中でもそのダウンによっても料金が異なってまいりますので、行ってみるまでわからない、ということもあります。

 

また、ダウン素材の衣料と言いましても様々で、実は「ダウンジャケット」か「ダウンコート」かで価格が違ったりもします。基本的にダウンはサイズによって料金設定が変わるお店が多く、ホームページや電話で料金を確認してからいっても、コートだったり、意外と着丈が長かったりしますと思いのほか料金が追加でかかる・・・なんて話もよく聞きます。ホームページにはダウンジャケットの値段しか載ってない事も多いですしね。

 

簡単なコートとジャケットの見分け方ですが、ざっくり言いますと袖の方が丈よりも下であればジャケット、逆であればコートという基準があるそうです。ご参考にしてください。

 

ダウンコートのクリーニング料金詳細はコチラをご参照ください。

 

それでは、料金にばらつきがあるこの

 

”ダウン素材のクリーニング料金”

 

の価格相場をまとめてみました。

 

※あくまで筆者主観で選択した業者の価格を比較したものですので、時期やどの業者を選ぶかでも相場は若干異なります。

 

結論から言いますと、やはり大きなばらつきがみられ、大手10社の基本料金を調べましたらおよそ

 

”2800円”

 

という結果になりました。後ほど細かく見ていきますが、数千円のばらつきがみられ、なんで??と思うことも・・・

 

そのあたりもご説明いたします。
平均価格としては確かに2800円という数字が出たのですが、もうちょっと詳しく見ていきましょう。

 

ダウンと言ってもコートとジャケットがあることをお伝えしましたが、それぞれの相場も調べてあります。

 

 

 

「ダウンジャケット」の料金相場

 

最安値の価格帯:約700円

 

最高値の価格帯:約7000円

 

平均:およそ2600円

 

なんと、価格の違いもさることながら、最安値店と最高値店で10倍もの差が出ました!

 

その理由については後ほどご説明しますね。

 

次はコートのお値段です。

 

「ダウンコートの料金相場」

 

最安値の価格帯:約800円

 

最高値の価格帯:約7500円

 

平均:およそ2900円

 

結果的にはダウンジャケットよりいくらか高い相場となりました。これはダウンは着丈で費用が変わるというルールによるもので、サイズが大きいほど、ダウンクリーニングの工程で最重要と言われる”乾燥作業”の時間を要するため、その分費用も高くなるんだとか・・(お店により異なります。)

 

ちなみにもう一つ、ダウンベストについても調べてみました。

 

「ダウンベストの料金相場」

 

最安値の価格帯:約700円

 

最高値の価格帯:約5000円

 

平均:およそ1700円

 

小さいですから想像通り、費用は低めですね。

 

お伝えした通り、工程の乾燥時間が短いですからその分安いということですね。

 

 

 

ご覧のように、どのタイプであっても費用のばらつきはやっぱりとても大きいように見受けられます。

 

それならば、安ければ安いほどいいのか?最安値以外お客さん来ないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、この値段の高さにも当然理由があるのです。

 

お値段が高めの設定のお店では、ダウンのクリーニングにこだわりを持ってやっている所が多いです。なぜなら、同じプロのクリーニング師でも失敗する人がいたり、仕上がりに大きな差が出てくるくらい、技量の差が大きく出るアイテムだからです。

 

このようなお店では、洗浄や乾燥作業はもちろんのこと、洗剤のチョイスに至るまで隅々まで考えて、一般的な衣類のような生産ラインとは別のところで作業を行うのです。そのため、当然費用もかかってきます。その分仕上がりは、安い料金のお店と比べて満足のいくものになるのは必然です。

 

また、高額なところは通常オプションの事も多い「シミぬき」であったり「撥水」なども既にトータルした費用になっていることが多いので、確認しておきましょう。

 

このように、安いところで通常のラインに乗せて他の衣類と同じように扱われる(可能性が高い)

 

お店よりも、高級ジャケットや思い入れの強いダウンなどがありましたら、料金高めのところできれいに仕上げてもらうということも検討してみてはいかがでしょうか。

 

大事なダウンのクリーニングに失敗でもしましたら手遅れになることもありますから・・