ダウンはクリーニング?洗濯?メリットデメリットを教えて!

画像

・クリーニングだと何をしてくれるの?
ダウンの洗濯をしたいとき、一般的にはクリーニング屋さんでお願いしようと考える方がやっぱり圧倒的に多いのではないでしょうか?
それでは、なぜダウンはクリーニング屋さんで、という風潮になったのでしょうか?
自宅で洗濯する場合と、クリーニング屋さんにお願いする場合で何が違うんでしょうか?

 

まず、クリーニング屋さんによっても技術レベルや使う手法も意外と全然異なっていることが多く注意が必要ですね。そういったものは価格帯等によってある程度識別が可能です。今回は一般的なクリーニング屋さんでの手法についてご説明いたします。

 

まず、ダウンを家庭で洗えるかどうかの判断基準の一つに「水洗いが可能かどうか」というポイントがあるんですが、水洗い不可でもクリーニング屋さんでは対応できます。さらに、ダウンの洗濯は、洗うだけならできても、その後の仕上がりに大きな差が出やすいと言います。形が崩れてしまったり、臭いが出てしまったりといったリスクもあるんですが、そのあたりのリスク回避が一番のお店利用のメリットでしょう。
これはなにもダウン系の衣類だけのお話しではありませんがお店では、一着の衣類から様々な情報を読み取ります。表示されている各種マークや素材はもちろん、汚れが付いている場所、汚れの成分、強度、裏地や表地の違い、縫合方法まで、多種多様な情報を複合的に考え、その衣類に最適な洗濯方法を選んでくれます。そこがクリーニング師の腕の見せ所です。ですから店によって腕に差が出てきてしまうのはこのためです。

 

このように、ダウンのような複雑な衣類を洗うときはある程度の習熟した知識と技術が必要で、ダウンによっても洗い方は1つではない。このあたりの判断は素人にはできません。
そんな訳で、プロのクリーニング師は、巷で騒がれている洗濯方法や、自宅でできるようなレベルのものはやりません。それ以外の特別な洗濯方法、ドライクリーニングであったりシミ抜きであったり、ウェットクリーニングといった手法を複合的に使ってきれいにしていきます。

 

ただ、いくつかの条件が整えば、家庭でも洗えることがありますが、その分多少のリスクと手間がかかることはご理解ください。

 

・どんな洗濯機で洗えばいいの?
それでは、どんな洗濯機がダウンの洗濯に適しているのでしょうか?
もちろん一概には言えません。様々な洗濯機にはメリットデメリットがあります。

 

ご存知のように、洗濯機もいくつかの種類がありまして、今一番主流となっていますのが「ドラム式洗濯機」です。
もう一つ「縦型洗濯機」がまだ家庭で使われているケースでは一番多いでしょうか。
そうした中、プロの洗濯屋さんが必ず支持する洗濯器があるのをご存知ですか?
それは意外にも、旧式と言われている「二槽式洗濯機」なんです。

 

二槽式、ご存知ですか?今では圧倒的に数が少なくなっていますが、プロはこの二槽式をまだ最前線で使っているようです。ほとんどの現場で必ず1台は見かけるとか・・

 

そんな旧式ともいえる洗濯機がいまだにプロに愛されている理由って何だと思いますか?

 

それは、旧式だからこそ細かい設定ができ(要は不親切設定)、自分の脱水時間から水量、思い通りの洗濯時間、洗濯強度、はたまた水の量に至るまで詳細にカスタマイズできるからです。
先ほどダウンの洗濯はいろんな条件を複合的に判断しその衣類に合った洗濯方法を用いるという話をしましたが、まさにそのためには細かい設定が必要なのです。今の洗濯器は便利すぎて基本的に全自動。確かに楽なんですが、プロからしたら自分の技術を活かせないんですね。納得です。

 

・洗剤はどんなものがいいでしょうか?
では、ダウン素材を家庭用洗濯機で洗濯する際に使うべき洗剤はどんなものがあるでしょう。

 

洗剤も本当にたくさんの種類があり、洗剤ごとにその効果、役割が異なっており、非常に多岐にわたりどれか1つを、となると意外とセレクトが難しいのではないでしょうか?
こちらでは、そういったダウン素材に適していると思われる洗剤の選び方をご説明いたします。

 

洗剤の種類として大きな分類は「粉洗剤」か「液体洗剤」かでしょう。
まずはこの中から液体洗剤をチョイスしましょう。確かに粉洗剤は低額ですし、洗浄力も強めなんですが、どうしても洗剤が固まってしまったり、洗浄箇所が偏ってしまったりといったリスクも少なからずあります。
そのリスクがダウンには致命傷になりかねません。液体はその点ダマになることはありませんし、すぐに水に溶け全体に広がりますので安心です。また、洗え過ぎてしまい繊細な記事にダメージが残ることも怖いですね。
液体洗剤は洗浄力が弱い事がデメリットではありますが・・・

 

あとは成分ですが、中性洗剤がいいでしょう。アルカリ性である普通の洗剤をお使いになりますと、ダウンの中の羽毛が劣化してしまうことがあります。それは、羽毛がアルカリ性に対してとても弱いからです。

 

以上のことから、洗剤を選ぶ条件は、

 

1.液体洗剤
2.洗浄力の高いもの
3.中性洗剤(お洒落着用など)

 

といったところでしょうか。

 

最後に、ダウン素材に対して柔軟剤であったり漂白剤は決して使用しない事!
アイロンも生地を痛めますので控えるようにしてください。

 

 

以上のように、確かにプロのクリーニング屋さんに頼めば、失敗するということはまずありませんし、何より手間がかかりません。しかしながら、説明したように、様々な条件下のもとであれば、ご家庭でも可能であるということをお伝えしました。詳しい洗濯方法に関しては別にお伝えいたしますね。