ダウンを洗濯!臭いがつかないようにする方法って?

画像

ダウンをクリーニングに出さないで洗濯する場合で失敗しがちな点はたくさんあります。
ダウンのボリュームが元の状態まで戻らず、ペシャンコな状態になってしまったり、脱水や乾燥のときに羽毛が偏ってダマになってしまったり・・・。
仮にうまく洗いあがり、羽毛が偏ることなく乾燥させることができたとしても、「なんか臭う・・・。」という経験をしたことのある人も多いと思います。
このように、自らダウンを洗濯しようとするときに気を付けなくてはいけないポイントのひとつに“におい対策”が挙げられます。
ではなぜ、自分でダウンを洗濯すると臭いが出てしまうのでしょう。経験者ならどんな臭いがするかわかることと思います。どんな臭いか表現するならば“なんか獣っぽい・・・”この表現がわかりやすくピッタリだと思います。
ふだんの洗濯物でも、部屋干しをした際などのいやな臭いが気になることはありますよね。そのいやな臭いの原因は、乾燥不十分による「生乾き」だと思っている方も多いと思います。そして、それは確かにいやな臭いが発生する原因の一つであることは間違いないのですが、実はそれだけではありません。例えばこの生乾きの状態の洗濯物を完全に乾燥させたとします。その結果、臭いは幾分軽減されるかもしれませんが、これは臭いの原因を根本的に除去できたわけではないのです。
どういうことかといいますと、臭いの原因というのは“衣類に残っている細菌”だからです。生乾きのときに臭いと感じるのは、細菌は湿気のある環境で繁殖するためです。その証拠に、細菌がいる状態の衣類を一度乾燥させても、乾燥状態が持続していれば臭いは気になりませんが、雨の日など湿度が高い状況に置かれますと、残っていた細菌が繁殖し始め、たちまち“生乾き臭”が復活してしまうのです。
つまり、臭い対策をするためには、完全に乾燥させることと、大前提として、細菌を繁殖させないため“汚れを落としきる”ことが重要なのです。
ダウンを洗濯するときにも同じことが言えます。ではどうしたら汚れを落としきれるでしょうか?汚れを落としきるためのポイントは、まず襟や袖口など表面の生地の汚れに対し前処理をしてあげることです。
これには、初めに汚れた生地の部分をぬるま湯で濡らし、中性洗剤の原液を少量塗布し、やわらかい毛のブラシでブラッシングします。ブラシがない場合は手でもむように洗うとよいでしょう。
もうひとつは、洗濯の際、羽毛の隅々まで洗剤をよく浸透させるため、洗浄時間を長くすることです。“つけ置き”の状態を設けるのというわけです。こうすることで汚れ成分が浮き出やすくなります。
そして更に除菌効果を発揮させるために、酸素系の漂白剤を使用することも効果的です。酸素系漂白剤は、活性酸素が汚れに反応し、分子が分断され化学的に汚れを分解します。漂白力は塩素系のものより穏やかですので、生地の染料まで漂白されることはなく色落ちの心配もありません。
ここで間違って塩素系の漂白剤を使ってしまいますと、生地の染料まで漂白され、悲惨な結果になりますので注意しましょう。酸素系漂白剤は粉末状のものと液体状のものがあります。どちらを使っても効果は同じですが、液体状のものを使った方が溶け残りの心配もなく手軽でしょう。
ダウン洗濯の“におい対策”のためにこういった工程を踏むのにはわけがあります。単に汚れを落とす必要があるという理由からだけではありません。それはどういうことかというと、ダウンの場合、工場でダウンを製造する工程で、羽毛をきれいにし、臭いを除去する加工をされるのですが、ものによってはこの過程が不十分な場合があります。そういった加工が十分でないものを購入した場合、着用後に付着した汚れを幾ら落としてもにおいの原因を除去しきれないことがあるのです。
羽毛には油脂が含まれています。ダウンがあたたかいのはこの油脂があることで羽毛がふんわりとするからなので、油脂は除去しきってしまってもいけないわけですが、この油成分は細菌の大好物です。ワイシャツなどの襟汚れ何となく臭いのは、人間の油分が襟に付着し、細菌が繁殖したためです。
この油脂が気温や湿度によって羽毛から溶け出しますと、臭いの原因になるわけです。

ちなみに、羽毛の種類によって含まれる油脂の質や量が異なります。ダックやグースという鳥の羽毛が使われていることが多いダウンですが、ダックの方が臭いやすいと言われています。
これは、ダックは飼育期間が短いために、未成熟のダックの羽毛が使用されることが多いのです。鳥の羽毛は成熟が、未熟なほど油脂が多く含まれています。
このように使用されている羽毛の種類や割合によっても臭いのでやすさは変わってきます。
ダウンを綺麗に洗濯できたはずなのに臭いが発生してしまった、という場合は、このように衣類をつくる工程の中での羽毛の加工が不十分であったことが考えられます。
もし、洗濯しても臭いが気になる・・・という場合には、前述したように、汚れに対しての前処理を行い、十分に洗剤を浸透させてから中性洗剤の他に酸素系漂白剤を用い洗ったのち、よく乾燥させること。
このステップを踏むことで、ダウン洗濯の失敗ポイントである“獣臭”を防ぐことができるでしょう。